チャイルドシートは新生児から必要?いつ頃買うべき?

6歳未満の子どもが車に乗るときはチャイルドシートの着用が義務付けられています。新生児でも必要です。車に乗せて移動する機会も多いので、生まれる前から用意しておいても損はありません。

初めてのチャイルドシート選びのQ&A

何を目安に選べばいいですか。

それぞれのチャイルドシートに記載してある身長や体重の目安を参考にすると分かりやすいです。

成長するごとに買い替えなければなりませんか。

1つのチャイルドシートを着脱式の部品で調整するものもあります。長く使う分、劣化には気をつけましょう。

全ての車に取り付けられますか。

簡単に着脱できるISOFIX方式のチャイルドシートは多くの車が対応していますが、念のため車種適合表で確認しましょう。

シートの素材はこだわった方がいいですか。

子どもは汗っかきなので、ムレを軽減してくれるメッシュ素材や速乾性の高いものを選ぶと子どもに優しいです。

ついていた方がいいオプションはありますか。

サンシェードが付いていると、直射日光から子どもを守ることができるのであると便利です。

適切なものを装着すること

チャイルドシート

自動車の事故に遭ってしまったとき、大人ならばシートベルトが守ってくれますが、身体の小さな子供の場合はシートベルトでは十分な役割を果たしてくれません。そのため、子供を事故から守りたいのなら、チャイルドシートを購入して座席に取り付けるようにしましょう。ただし、チャイルドシートという名称の商品ならば、どれでもよいというわけではないので気をつけなければいけません。もし、生まれたばかりの赤ちゃんを自動車に乗せる予定があるのなら、新生児に対応したものを選びましょう。それぞれの年齢に合わせたチャイルドシートが売られているため、適切なものを購入すれば、自動車の事故から大切な赤ちゃんをしっかりと守ってもらえます。

きちんと取り付けよう

親子

安全性の高い新生児でも使えるチャイルドシートを購入できたとしても、きちんと取り付けなければ性能を発揮してくれないので気をつけましょう。適当に取り付けてしまうと、アクシデントがあったときに座席から外れてしまい、赤ちゃんを守ってあげることができなくなります。取り付け方は説明書に記載されているので、やり方を間違わないように完璧な状態にしましょう。もしも、分からないことがあるのなら、赤ちゃんのためにもメーカーに聞いて、解決してもらうことをおすすめします。

座らせ方もとても大切

チャイルドシート

新生児用のものをきちんと装着できたからといって、チャイルドシートへの座らせ方を間違ったのなら、赤ちゃんを守ることはできません。ただ座らせるだけではなく、ベルトの装着の仕方などいろいろ注意すべきポイントが説明書に記載されているので読んでみましょう。ちなみに、ネットではなく店頭で購入するのなら、座らせ方のチェックを買うまえにバッチリと行うことができます。もちろん、分からないことがあったらすぐに店員に聞けるので、より安全な状態にしたいならどんどんと質問をしてみましょう。

広告募集中